人間は生きていく上で絶対に水が必要になってきます。
料理をつくるときにも、お風呂を入るときにも、選択をするときにでも水は必要になってきます。
こうした水は水道をひねれば出てくるわけですが、水道水というのは大なり小なり、汚染されていると言われています。
汚染とはいっても、水道水を摂取することによって、体を壊したりするわけではありません。
毎日飲んでいたとしても、特に問題はありませんが、それでも水道水には、微生物が存在しており、それにより大きな健康被害はないとはいえ、やはり気持ちのいいものではありません。
さらにいえば、水道水は独特のカルキ臭といわれる臭さがあるため料理に使うと味が悪くなるということになるのです。
その点、今話題の水宅配による水は、水道水とは比べ物にならないほど味がいいのです。
カルキ臭さも一切ありませんので、その水を使って出来上がった料理がカルキ臭くなるということはないのです。
水宅配の水で煮炊きしたり、ご飯を炊いたりした料理は、水道水で作った料理と食べ比べてみると、どんな味音痴の方でもその違いははっきりと分かるほどなのです。
一度水宅配を利用したならば、きっと水道水を使えなくなるのではないでしょうか。

海外製の発毛剤

| コメント(0) | トラックバック(0)
私は今年40歳になる。

頭髪が気になりだしたのは20半ば。結婚して4年目の事だった。

元々外見を気にしないタイプだった。

親兄弟に会社の同僚から「頭薄くなってきてない?」と歯に衣着せぬ指摘を受け始めても「別に!ハゲても気にしないから」と軽く受け流していたのだが「ねぇ~言いにくいんだけど・・・子供が大きくなったら父親参観なんかがあるし・・・頭が薄かったら可哀想だし・・・」との嫁の一言で危機感に目覚めて頭髪ケアをする事にした。

だが、当時の日本メーカーの発毛剤「リ●●プ」は小遣いで購入するには非常に高く、生活費から支出するのも気が引ける。

インターネットで安い発毛剤が無いかどうか調べると「カー●ラ●ド」という海外メーカー製を見つけた。価格も「リ●●プ」の半値以下。成分も調べたが似たようなもので、発毛成分のミノキシジルに至ってはこちらの方が多く含まれている。

私は早速注文を入れた。届いたのは一週間後。

その日から朝晩欠かさず毎日毎日頭に付けてはトントンと叩いたり頭皮マッサージをしたりと頭皮ケアを開始した。

だが、目に見えて効果が出てこない。始めてから二か月しても髪の毛が増える様子も無く、ニ本目を買う前に諦めてしまった。

別に「カー●ラ●ド」の効きが悪かった訳ではなく、効く前に止めてしまった為だとは思うが、今現在、私の頭は綺麗に光っている。

今となっては続けていれば今頃は・・・と思う事もしばしばである。

ホームページは本やチラシ、ポスターなどの紙のものと違って誰でも見よう見真似でできるものではありません。ウェブブラウザの仕組みを知ってソースコードをプログラミングしないとパソコン上で見ることができません。そういう性質のものであるのでどうしてもウェブの技術の知識を勉強したりして習得しないといけないことからホームページを作るとなるとそちらの知識ばかりがクローズアップされます。しかし、実際はウェブブラウザで閲覧でき、インターネット上で見ることができる物が出来上がると、後はやはりそのコンテンツ、つまり内容が重要になってきます。テクニックなどもいろいろなものがあり、内容が薄くてもそれなりに一見派手に見えて興味を引いたりしますがコンテンツのレベルが低いとすぐに飽きられてしまいます。そういうことからしっかりとコンテンツを充実させるように心がけることが大切です。音楽を取り入れたり、動画や動きを取り入れるのもいいですがホームページの内容を表現するのにを十分に活かすことができなければ意味がありません。色彩も自由に多色を使うことができるのでカラーコーディネイトがまるでできていないサイトもまだたくさんあります。技術やカタチから入るのもいいですがレベルアップして質のいいホームページ制作を目指すには内容の充実は外すことはできません。

初心者からのホームページ勉強

ホームページを作る場合、どうしてもイメージ的に難しそう、専門的な知識がないと出来なさそう、などと思っていらっしゃる方も多いかと思います。



それももちろん事実ですが、実際やってみると、様々なことがわかるかと思います。



私は、最初何も分からないまま勉強を始め、やはりはじめは本を読んで学びました。



ホームページはどういう仕組みになっているのか、どういった言葉があるのかなど、初心者向けの本にはそれらが詳しくわかりやすく書いてありました。



自分自身、最初から本格的な本を読もうとするときっと分からないことだらけで、更にわからなくなってしまうと思ったので、まず本当に簡単な、初心者向けのものから選びました。



あとは、本を読むのもいいですが一番早いのは何事においてもそうですが、まずやってみると分かってくることも多いかと思います。



実際にチャレンジして、それで分からない所があればその都度調べて、そして学んでいく。

この方法が、一番早く慣れる方法だと思います。



やっていくうちに、自然に専門用語ややり方なども覚えていくことがほとんどだと思います。



本でなくても、インターネットで調べればホームページのことはたくさん出てきますので、それを活用してもかなり勉強になるかと思います。

自己流で学ぶホームページ製作

数年前までEC系の企業に営業として勤務していたころなんですが、営業とは言ってもEC系なので、営業の実績を上げていくとか、案件獲得後の収益確保のためにはWEB製作の知識がそれなりのレベル必要になってきますので、自己流ではありますが、かなり勉強しました。



ただし、勉強といっても教室があって教えてくれるわけではないので、自分の担当しているホームページのソースを表示させては、HTML辞典とにらめっこしてどこをどういじるとどう変化するかを、自分が与えられていたフリースペースにFTPサーバー経由でアップして確かめるという日々でした。



おかげで、今ではある程度のレベルのホームページを作れるようになりましたし、HTMLも一通り読めるようになりました。



ホームページビルダーとかフォトショップなどの製作に必要なツールもそれなりに使いこなせるようになったので、今は別の会社にいるのですが、その当時学んだホームページ作成の技術がかなり役立ってます。



なかなか仕事をしながら体系的に学ぶというのは難しいと思いますし、時間をとるのも難しいと思いますので、まずは手っ取り早くソースを表示させていじれるところをいじってみるという感じの勉強法がお勧めですね。

ホームページ制作にかかせないツール

ホームページ制作にかかせないツールはいくつかあります。

まずはパソコンです。これがなければ始まりません。できればWindowsの方がいいと思います。理由はブラウザがInternetExplorerであるからです。InternetExplorerは使用度が高いので、それにあわせてホームページ制作をすることが大切です。

次に必要なのがメモ帳です。コーディングをする上でかかせません。メモ帳は最初から入っているものでもいいですが、Dreamweaverを使うとデザイン画面が見やすく、コーディングしやすいと思います。また手打ちでやりたい人は、秀丸エディタなど少しよいメモ帳を使うといいかもしれません。検索や置換などがやりやすく、コーディングが格段に早くなるからです。

それから必要なのは、画像制作ツールです。Photoshopが一般的だとは思います。しかし、Photohsopは値段も高いので、無料ソフトを利用するのもいいかもしれません。とにかく何か1つ画像制作ツールを持っておくことをおすすめします。

その他にもInternetExplorer6に対応するためのブラウザや、画像を作るための素材集、またphotoshopでは対応できないものを制作するために、Illustrator、Flash、そしてFirefoxなどもあると便利かもしれません。またそのための本などもあるとよいでしょう。

ホームページ制作の進化はとどまるところを知らず。

最近では、ソフトをダウンロードせずとも初心者の方でも簡単にホームページ制作ができてしまうというサイトを紹介します。

 

簡単ホームページ作成ツールというサイトなのですが、

特徴としてなんとたったの60分で設定が完了してしまうくらい、ホームページを全く作ったことが無い方でもオシャレなホームページを制作することが可能です。

 

そして専門知識は全く無くても大丈夫で、ブログやメールのように記事をテキストで記入できる方であれば、時間をかけずに完成させることが出来ます。

 

また、ホームページ制作をするとどこのサーバーにアップするかは考えてしまうところです。しかし、簡単ホームページ作成ツールにかかれば、面倒な時間もかかりません。

サーバーもドメインも設定されている状態ですので、全く面倒な手続き無しですみますよ。

 

SEO対策も万全。テンプレートデザインもSEO対策実現済みですので、ひょっとするとアクセス数もアップするかもしれませんよ。

 

5万円から10万円ほどの初期費用と、月額5,000円の維持費用はかかりますが、中身はかなり魅力的です。

ぜひホームページ制作を考えていらっしゃる方は、テンプレートであっという間に出来上がるホームページ制作を一度検討してみてくださいね。

 

 

サーバーの選びかた

ホームページ制作におけるサーバーの選び方

ホームページを制作したら、サーバーを選ぶ必要がありますね。
サーバーとはホームページのデータを置いておき公開しておく場所です。
サーバーにも様々な契約の方式があります。

プロバイダ契約時についてくるサーバーは、比較的身近にあります。
といっても、コアユーザー以外はある事も知らない事がほとんどでしょうが...
ファイル容量が少なく、出来る事も少ないのがこのプロバイダ側のサーバーです。
ただし、個人的にホームページビルダーなどで作った完全個人のホームページでしたらこのサーバーで十分でしょう。

次はレンタルサーバーです。
サーバー=パソコンのような機械なのですが、レンタルサーバーはそのサーバー機を複数人に割り当てて共有で使う事がほとんどです。
レンタルサーバーは機能性も充実していて、維持費も安価。中小企業のホームページ公開程度でしたらまったく問題無いかとは思いますが
アクセスが集中しやすい企業ホームページなどでは、一部支障が出る可能性も出てきます。
また、次にご紹介する専用サーバーに比べると細かな設定が効かないのですが通常使用であれば問題ありません。

次にご紹介するのは、専用サーバーという物です。もちろんレンタルサーバーでこの専用サーバープランを打ち出しているところもあります。
専用サーバーでは、一台のサーバー(パソコンのような物)を1つのホームページに割り当てるという契約タイプが王道です。
そのパソコンのスペック(性能)や、回線の速度・性能などによってホームページ上のアプリケーションの動きが決まったり表示速度が変わったりします。

このサーバーは絶対に1台というわけではなく、自社でサーバーを運営したいという事であれば数台を利用しホームページを運営するという方法もあります。
利用者が膨大、アプリケーションをたくさん動かすときなどはこの専用サーバーを利用する必要がありますが
よほどの大企業やアクセスの集中が想定される場合などで無い限り利用する事は無いでしょう。

まとめますと、

プロバイダ側のサーバー=個人の方
レンタルサーバー   =中小企業の方・個人の方
専用サーバー     =大企業

という使い分けをオススメ致します。
もちろんホームページ運営に置いてにはサーバー以外にも様々な知識が必要になってきます。
是非、広い知識を取り入れた上でしっかりとお客さんの付くホームページを運営していきたい物ですね。

ホームページ制作の環境選び

ホームページ制作の環境は、現在多様化しています。ご自身でソフトを使って作る方法や、レンタルサーバーなどにあるツールを使用して作る方法。

あるいはブログタイプであったり、Facebookのようなページをオフィシャルサイトとして扱っているパターンもあります。

 

しかし、法人などの場合でせっかくホームページを作るのでしたら、見た目もキレイで説得力のあるものを少しでも作りたい。そのような場合はやはり業者への依頼でしょう。

 

業者に依頼するにも、多くの業者が存在していますのでなかなか選ぶのも大変ですが、そこでホームページ制作会社の一括見積もりサービスがありますので紹介しましょう。

 

「ホームページ制作.JP」というサイトでは、目的に合わせて一括見積もりを取ることが可能です。

制作サイトは一般サイトか?スマートフォン向けか?ケータイサイトか?新規なのかリニューアルなのか?

サイトタイプはネットショップタイプか、ポータルサイトなのか、などなど細かな設定であなたにピッタリのホームページ制作業者から見積もりを取ることができます。

 

やはり業者に頼む場合は、少しでも制作費用を抑えてなおかつ高いレベルの業者にお願いしたいですよね?

コスト比較などもしながらあなたのホームページ制作環境を決めることが出来ます。

 

ぜひ業者選びに迷ったらホームページ制作.JPを使って検討してみてくださいね。

名の通った大きなサイトで、顧客情報やカード情報が流出したなどという事件があとをたえません。

自分は運営しているのは個人サイトで漏れて困るような情報などないし、大きなサイトは経費削減でセキュリティをないがしろにしていたのではないかなんて考える人がいるかもしれません。

それも一理あります。しかし、個人サイトが乗っ取られネットワーク全体の負担になったり、あなたの管理しているサーバーが有名企業のサーバーを攻撃することだってありえます。



そこで、個人のホームページが乗っ取られない為に最低限やっておくべきことを紹介したいと思います。



1.クロススサイトクリプティング対策

オリジナルの掲示板などを作っていて、誰かが入力した文字を表示できるようになっている場合、悪意のあるコードをそこに埋め込まれる可能性があります。

HTML記述における特殊文字は必ずエスケープ処理をしましょう。



2.SQLインジェクション対策

ホームページがアクセスするデータベース内にユーザーIDやパスワード(生でパスワードを保存しておくのも問題です)が含まれている場合、それらを盗みだされる可能性があります。

SQL実行時の特殊文字をエスケープする、プレースホルダの使用、入力値のホワイトボックスチェックなどをして防ぎましょう。

ユーザー入力値をSQL文とするのを最小限にとどめることが大切です。



3.ディレクトリトラバーサル対策

特定の個人用のページを動的に作成したりしようとする時など、クライアントからサーバーへパラメータとしてファイル名などのパス情報が渡される場合、それを悪用され隠すべきファイルや場所を参照されてしまうことがあります。

最悪の場合サーバーの管理者権限を乗っ取られることもあります。パス情報のパラメーター化は行わないことが対策です。



他にも注意すべきことはかありますが、今回あげたこれらはホームページ作成後に対策しようとするとかなり大変な作業になるので、初めから意識したページを作るようにしましょう。

Webデザインリンク2